大豆栽培














初夏になると大豆の種をまく時期を迎えます。














大豆が成長すると、大豆の葉が地面を覆い日陰を作るため、

雑草の生育を遅らせます。

は種から1ヶ月程度迄に雑草対策ができれば、炎天下の除草

作業は苦痛を伴いますが、そこまで頑張れれば除草剤の散布

は不要です。

圃場で育つ草は、その場所で枯れて土に戻ることが自然の流れです。


自然の営みに沿う農業が理想です。















妙義山麗から流れ出る水で大豆を栽培しています。

大豆が花をつけています。

生育状況を確認する為に、枝豆として茹でてみました。

 

枝豆として食べられる時期は、生育期間中の中で約1ヶ月

程度です。

 

美味しく食べることができました。

 

猛暑の中での草取り作業を思い浮かべると、一層美味しく

頂けました。

 

ごちそうさまです。

秋の収穫期は大豆のハゼ状況を確認。脱穀のタイミングを見極めます。














紅葉の季節を迎える頃に大豆の葉も黄色く色づきます。

大豆が鞘の中で「からから」音を立てる頃には収穫となり

ます。

収穫した大豆を選別機に通します。

大豆検査を受ける紙袋に入れます。

選別した大豆は検査用の紙袋に入れます。






















丹波の黒大豆倒伏予防として支柱を立てます。

台風等の強風で倒伏した際は、支柱を起こして

大豆の生育を助けます。




















丹波の黒大豆の栽培農家が減少している理由。

栽培管理に手がかかります。

鞘の中の黒大豆が音をたてるようになります。

丹波の黒大豆を鞘から脱粒します。